2006年02月15日

カンの血筋…

この写真はカンの「かぁ〜ちゃん」です。


ori002.jpg


函館に住んでいた頃にピザ屋さんにアルバイトに行っていたのですが、
その店にふと立ち寄る様になり、アルバイトの男の子達も可愛がり、店に来てはエサをあげていました。
「ピザ屋に遊びに来て、皆の人気者になってるんだから…」と
ピザの人気メニューを名前にしようという事でオリジナルトマト(略してオリトマ)
という名前で呼ぶようになりました。
そんな事がピザ屋さんの本部に見つかってしまい、店長さんが車で
山の方に置き去りにしてしまったのです。




3ヶ月もしたある日…
オリトマは、ガリガリに痩せこけてボロボロになりながらピザ屋さんに
帰ってきました。
私も、バイトの男の子達も泣きながら
「よく帰ってきたな〜」とオリトマに対して今まで以上の愛情を
感じました。
そして私がオリトマを家族にしよう!と決め、その日の内に
我が家に連れてきました。




それから間もなく突然に私の再婚が決まり、オリトマをどうしようか…
と悩んでいましたが、とーちゃんは明るく
「オリトマも家族やで♪」
の一言で飛行機に乗って一緒に関西にやってきました。
ori003.jpg


「完全室内飼い」という言葉すら知らなかった私は、こっちに来た当時はオリトマを好きなように外に出していました。
それから間もなくオリトマは妊娠…
同じ頃、私も妊娠が分かり、自分だけ産んで、オリトマは中絶なんて…
納得できずに産ませました。


オリトマも、ももの時と同じ様に私を呼び出し、私の前で
お産をしてくれました。
3匹産まれ、その中の1番最初に産まれたのがカンです。


ori005.jpg


オリトマはある日突然家出してしまい、残りのカンの兄弟は不慮の事故
で死んでしまい、北海道の匂いのするオリトマの陰りを唯一残してくれているのがカンなのです。


kan002.jpg


今回のもものお産は、オリトマの時に持った私の愛情、確かにただの
「野良ネコ」だったけれど私にとってはどんな高価な血統証付きのネコよりお金を払っても買えないオリトマやカンやカンの兄弟の血が私にとっては「宝」です。
そんな子猫を産んでくれた「もも」に(人-)謝謝(-人)謝謝


さくらも時々子猫の様子を見てはペロペロと舐めて受け入れてくれる
さくらの優しさに(^人^)感謝♪です。




                         banner_04.gif 

ニックネーム こたつネコ at 12:01| Comment(4) | TrackBack(0) | カン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする